木こりの心理🌲ー育ちー
Namiko Sakamoto
クルコノシェ・ベネツコ(Krkonoše)

産まれてすぐに山に連れられた山育ち

閑静な日々
新鮮な空気
星空を愛して生きてきた

幼少時代も一人で祖父を訪ねて山へ

家族ができてからは
山が疎遠に・・・
一緒に行ってもあまり楽しめないので
一人で山遊び

山々を駆け巡り
サイクリングに
クロスカントリースキー
そしてサウナで一休み
子供たちとは下り坂サイクリング
(ずるだって😄)

そんな中
もう一人の山を愛する人と出会い
山散歩がより楽しくなり
スポーツもやりがいが出てきた
雪の中の待ち合わせ
世界が輝いて見えた

しかし木こりは「安定」を捨てきれず
町に戻ることにした

チェーンソーを購入
近所の古木を切ってストレス発散

木こりはもう山の生活には戻らない
これからも時々遊びに行くだけ
山に長く滞在すると思い出す
楽しかった日々を
そして
木こりにならなかったことを悔やむ…

🍀 🍀 🍀

チェコで最も有名なクルコノシェ山脈には、招待されてよく行きました。
山頂のスニェシュカは1603m、登山道がしっかり整備されているため、幼い子供でもシュルッと登れます。

「木こり」は現代人の比喩。
日々の生活が我慢と妥協の人もいるでしょうが、バランスが大切ですね。

私のバランス?
自給自足の生活が理想です。
庭で色々と育てるぐらいでは満足できず・・・
さすがに牛と豚は農家にお任せの方が良いですが、鶏🐓卵🥚ぐらいは普通に育てたいですね!

都会生活、田舎生活・・・このバランスも難しい!